April 2018  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

第3クール     〜  選手に出来ること  サポーターに出来ること  〜



久しぶりの更新。



情けない福岡戦の敗戦を引きずっていた。


京都戦

前後半通じて、

アジエルの中央突破

ショートパスに寄るサイド突破が見られた。


やろうとしてるサッカーがはっきりしてきた。

このまま続けて欲しいとは、思う。



足りない、と感じてしまう物は、


■3人目、(または4人目)のパス精度の低さ。


これは、主にサイドバックに言える。

アジエル、望、FWを絡めたパス交換。

ダイレクトで繋がるシーンもしばしば。
(去年では考えられないプレー!!)

そこに絡んでくる、サイドバック。

ここでミスが出て流れが止まってしまう場面が目に付く。


■狙われるボランチ

2失点はあっただろう、ボランチをチェックされてからのカウンター。

これ以上、ここから失点するわけには行かない。

周りのフォローや声で、防げないミスではないはず。


■スピード不足

縦へのスピードに乗った突破が無い。

望、アジエルのパサータイプさらには中に切れ込むので、
殆ど相手サイドをえぐることがない。

出来れば、縦へのスピードのあるサイドバックがいれば補えるが。

えぐらないと、コーナーもなかなか取れない。

相手サイドバックの攻撃参加のけん制にもなる、縦への突破が欲しい。


■シュート


どれだけパスを繋いでも、シュートを打たなきゃ入らない。

代表の試合を見て、そう更に感じた。


当たりそこないのシュートが、アシストになることもある。

ビックリするほどの、スーパーシュートが枠に飛ぶこともある。

キーパーがファンブルすることだって、ないわけじゃ無い。


打たなきゃ、決まらないよ。








次節はキャプテン、ジャーン不在。


このままズルズル行くのか?

それとも、切り替えられるのか。






そして、私たちサポーター。


勝ちたい

喜びたい


その気持ちは、一緒のはず。




どうしようもないプレーや、情けない試合でも、


試合終了までは、支えてあげませんか?


文句や、ヤジは、精一杯応援したあとでも良いのではないだろうか?




まずは、私たちの出来ること。







湘南 0−2 福岡     〜 情けない 〜

今までベンチにも入らなかった選手。

チームの核の変わりにいきなりのスタメン出場。

スタメンに起用されるぐらいだ、相当調子が良いのだろう。

今まで「走らない」と、散々言われてきた28番。

ラストチャンスになりかねないこの試合。

ガムシャラな、
今までとは違った「王様〜キングオブフィールド〜」
が、見れるのだと期待していた。


何も変わっていなかった。

気持ちが何も伝わらなかった。

せっかく掴めたスタメンのチャンスに何も感じなかったようだ。

ひたすら足元にボールを求める「王様」だった。

自分から動いてスペースを作る、逆に流れる
ドリブルで打開する、フリーランニングをする

どれだけ出来ただろう?




また、そんな彼を使い続けた監督。

意図のわからない交代策。

練習試合での、猪狩、MF起用された森谷。

彼らの動きのが劣っているとは、思えない。



選手起用、交代策、第3クールの重要なキーになってくるはず。

そして馬入組(スタメン以外の選手たち)

絶対にチャンスはある。

そして、彼らの力がチームにとって重要になるのは間違いない。





もう半分、まだ半分。



ゲームはすぐ目の前だ。













湘南 2−4 京都      〜決定力〜

主観的かつ7ゲート的な視点です。


あまり目くじら立てないでくださいね。





◆前半


しっかり前からプレッシャー。

相手ディフェンス、ボランチにもしっかりかける。

相手は苦し紛れのロングフィード

しっかり跳ね返し、セカンドボールを奪って攻撃へ。


片方のサイドでの細かいパス交換

相手が寄ってきたところ、フリーの逆サイドへスルーパス



ポスト直撃のフリーキック




内容は、よかった。


ただ、結果がついてこなかった。



そんな、一方的な展開でもきっちり2点取れる。

それが、上位に留まれるチームの強さなのだろうか。





◆後半

まったく逆の展開になってしまった。

中盤は間延びし、まったくセカンドボールが拾えず。

「点が取れる気がしない」

そんな45分だった。



4失点目の起点になってしまうプレー

仙台、札幌、京都、福岡

このチームが、ああいうプレーから失点するだろうか?




しかしながら、最後に1点返せたこと。

まだ成長過程のチームだと信じて、

今日の敗戦が、良い糧となると信じて。






◆試合終了後



負けた試合。

終了後、負けてもコール続けませんか?

サポの士気を高めるのも大切だと思う。

でも、

やっぱり、彼らに下を向かせない声を届けれたら

と思ってます。


山形戦の後の「バモバモ湘南」のループ


ああいう後押しの形も、アリなんじゃないだろうか。





徳島 0ー2 湘南    〜15番のTシャツ〜


アウェイでの勝利。

しっかり勝ち点3を取れた。

では、個人の選手にスポットを当てて。



■10 アジエル



暑さ、連戦のせいか、アジ動きがやや精彩を欠く。

それでも、スーパーなプレイを、連発していたけど。

次節の暑さの心配が無いナイトゲーム。

京都DFを切り裂き、

初めて見に来る大学生たちの脳裏に焼き付くプレーを。



■11石原



得点は無かったが、キレのある動きを見せていた。

エース、石原。

ゴールは無かったものの、サイドに開いてのクロスや、

ディフェンスにどんどん勝負を仕掛けるドリブル。

ポストを直撃した惜しいシュートもあった。


ここ数試合、
サイドへの動きだし、
ポストプレー(潰され役w)を竜太がやるようになり、
どこか積極性が見えなくなっていた石原。


前回の「らしい」ゴールから、何かを掴んだか?


京都戦、エースのゴールで勝利を。




■17冨山


1点目のゴールが決まったあとから、
めっきり存在が消えてしまった印象。

スカパーの遠いカメラでは、背番号まで見えず。

あれ?トミどこだ? と。

ボランチにおけるトミのストロングポイントは、どこなんでしょう?



■15北島


湘南サポ

とりわけ、背番号15 北島義生ファンのみなさんへ。

超ローカル番組「Go!ベル」で、ヨシオさん着のTシャツ。

気になったので、調べました。


http://footballstyle.jp/scb/shop/shop.cgi?No=83


こういうTシャツのチョイス。

キライではないです。









さあ、次からの3連戦。

ここが前半の最大の山場になるだろう。

この3試合で勝ち点7以上欲しいところ。

坂本、竜太の不在は痛手だが、

昇格するチームは、こういう状況も乗り越えられるはず。



私たちは、出来ることを。

チームの気持ちが昂ぶるような、そんなサポートをしたい。












湘南 4−1 鳥栖


2年前のCL決勝を思い出した。

約6分間の3ゴール。

これが、「勢い」なのか。






さて、
どうしても見逃せないのは、
今日のサイドバック。

右には、前節左サイドバックでスタメンの田村。

左には、センターバックが本職の山口。

監督としては、ゾーンできっちり守る
コンサドーレ風な4バックのイメージなんだろうか。



攻撃に関して言えば、田村の判断が良かったかと。


自分の特徴

・スピード、ドリブル突破な無い。
・ロングフィード・クロスに自信あり。
 (また、利き足でないほうでも、精度はそこそこ。)

を活かしていた。



サイドチェンジのパスを受け、


早めに、相手サイドバックの裏のスペースへのフィード。

または、寄せられる前のアーリークロス。



チャンスを作れていたと思う。

今後の監督のサイドバックを選考に注目していきたい。




ゴールシーンは、はっきり言って覚えていない(苦笑

と言うか、興奮しすぎて、アタマでリプレイできません。







最後にややマッタリになりかけた、チーム&サポ。


源気のゴールのように、最後まで諦めず、戦えれば。





ホームでの逆転勝利はいつ以来だろう?

もっともっと、歓喜の瞬間を!!!



湘南 2−0 水戸     気になること

久しぶりの更新です。


ホーム水戸戦。

2−0の勝利。

ジャーン、ウメ、ノブの復帰を勝利で飾る。


詳しい内容については、他ブログさんを参照してもらって、

今日は、気になる点をいくつか上げてみようかと思います。






■選手交代

ここ最近からではないのですが、意図がわからないことが多い。

基本的に、後手後手な印象。

先に動く場合は(二人同時替え)大体逆転負け。



水戸戦では、

前半終了時に、悪い流れながらもゴール。

相手は一人少ない状況。

この時点で、
田村を右へ  ノブの投入でも良かったのでは。

少ない相手に対して、
「もう1点取って突き放す!」
そんな意思表示をわかりやすく示した交代を見たかった。



■こだわり


選手に対する、こだわりはどの監督にもあるのだろう。

石原への想い、期待は相当なものなんだと、容易に想像がつきます。

その逆も然り。

完全に干されてる、名良橋。

チュウのあの出来より悪いのだろうか。



■パス回し



攻撃のテンポが遅い印象。

ボールを受けてから人を探す 
相手の網にかかりカウンター

特にサイドバックを含めたパス交換時に
ダイレクトパスが少なすぎる。と言うか、皆無か。

シンプルなワンツーや、
相手に的を絞らせない中盤でのダイレクトパス

そんなプレーを増やして欲しい。


理想は、仙台のサイドでのボール回しか。







しかしながら、

前線からの連動した守備

内容が悪い中、しっかりと勝ち点を取れる勝負強さ

攻撃の選手がきっちり結果を出す

アジエル8 竜太6 石原5 望4



と、確実に成長している部分も見られる。





一歩一歩でも良い、

成長しながら、J1への道を駆け抜けろ。










番外編

■選手個人コール



最近、原竜太の個人コールが出来た。

ベルマーレ平塚時代からのサポにはおなじみ、
左足でほとんど蹴れないアウミールのコールだ。

懐かしさと、単調だが耳に残るコール。
気に入っています。


今考えてみると、平塚時代は、個人コールが多かった。
元ネタはわかないが、ほとんどオリジナルなんじゃないだろうか。

ユアスタに行った方の中で
仙台10番のリャンの個人コールは、
元々はベルマーレ平塚の10番ベッチーニョのコールって、ご存知でしたか??


竜太以外にも、こうしたリバイバル、期待してます。

こっそりと。

大阪 1−4 湘南

アウェイC大阪戦。


今回もゴールシーンのみ。

そんなときに限って、快勝なんです。

嬉しいやら、悲しいやら。



1点目

望-原 ラインが形成されつつあるのか。

ヘディングは、身長じゃない
それをプレーで証明する原竜太。


2点目

望さんのゴール。

ここで、おとりの動きをした尾亦に注目したい。

ここ数試合、
サイドバックがあの位置まで
オーバーラップをしたシーンがいくつあったか?


それにしても、望さんのミドルの精度はすばらしい。



3点目

アジエル→コージへのパス。

あれは、狙って落としたのだろうか?

スピード溢れるコージのドリブル。

ロングフィードやキープ力を武器にするボランチは多い。

ドリブルの能力の高いボランチは、そうそういないのでは?


アジエルの、「右足」のゴールにちょっとびっくり。


4点目

石原のがんばりから、アジエルのドリブル突破。

ノールック気味のアジエルのパスを、

後方から全速力で走って来た、コージの左。

この一連の流れが、すばらしかった!

私の中のベストゴールトップ3に入るぐらいのキレイなカウンター。

ここ数年、これだけ連動した湘南のゴール、記憶にあります?






さあ、次節は仙台戦。

そろそろユアスタで、勝ってもいい頃でしょう。

大アウェイ

勝利のダンスを踊りたい。

湘南1−2札幌


せめて、1−1で終わるべき試合。


試合前、久々に買ったサッカーダイジェスト。

その48ページに、

「氷壁を成す合理主義」

そんなレポートが目に飛び込む。





対戦したチームの選手は、

「やられた、という気はあまりしていない。」

「内容的には、こっちが勝ってもおかしくない試合だった。」

まさに、札幌が狙う展開なのである。






決してコンディションがよくなかった札幌。

それに付き合っての、プレゼントパスはいかがなものか。


ミスをしっかりついて、ワンチャンスをゴールする札幌。

緊迫した試合での致命的なパスミスをしてしまう湘南。

今日の結果は、仕方ないのか。





前向きにとらえるなら、首位札幌には爆発的な攻撃力はない。

大崩れはしないだろうが、スコアレスドローの試合も出てくるのでは。

そして、まだ2位との勝ち点差も大きくは無い。


諦めるのはまだ早い。

致命的なミスが、敗北に直結する。

今回のマイナス3の勝ち点を、いい教材にしてくれれば。





<<back|<149150151152153154155156157>|next>>
pagetop