February 2017  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28

20150913





夏休み。

去年は取らなかった。
不調の原因はこれだ。

やっぱり、「しっかり休む時間を取る」
ということが、大切。
その期間、休めているかどうか別として。
「休みを取った」ことに、意味がある。
気合を入れて、リラックス なんて矛盾はいらない。

自然体になる時間が、大切よ。
すっぽーんと、仕事のことを忘れて、
お昼からお酒なんて飲んじゃったりして、
世の中の流行りはこうなのねーと思ったり、
やっぱりどこ行ってもチャイナチャイナだなあ、
たまにはいいねー都会の空気。

あまり考えすぎないで過ごした2015夏休み。

今年は、第2弾も!
良く働いて、ちゃんと遊ぶのだ。

はたらきたくなーーい、とも思わない
いまはそこそこ、いい感じ。












Shonan-Matsumoto





リーグ戦再開。
J1はお休みが入るんだよねー
代表戦あるし。
うち、代表選手いるから、
それはそれで、楽しいんだけどねー

と、言える日が来たのね。
航、そのまま迷わず行けよ。


さて、今節、BMWス。
負ける気がしねえ
今日もそんな雰囲気で。









さて、リーグは松本戦。
天皇杯は、終盤グダグダになるも
藤田(よ)がしっかりゴール。
アモリンは、独特のテンポと結果を見せた。
山田のなおきくんも調子は良さげ。

リーグでは、高山、大槻、俊介の
前からゴリゴリ3トップも健在。
俊介は高さがあるからねえ。

大竹もあのキレキレモードであれば、
ぜひとも起用してもらいたい。

いつものことだけど、スタメン楽しみ。







松本。
飯田、犬飼、多々良の3バックは
遠い昔の川崎を思い出す。高さ命!

船山と岩上どっちが王様?
まあ、どっちも良く走るけど。
ロングスロー、J1じゃ通用しないでしょう。

田中はおじさんなのに良く走るなあ
てか、主審に文句言いすぎ!


なんて、思って見ていた
僕らの知っている松本は、
どこかに行ってしまった。

オビナの補強はまあ、あれだけど、
岡山から引っこ抜きまくったけど
後藤しか使わず、荒田は放出。
阿部ちゃんは予想外にがんばるし、
新しくブラジル人獲得したり、
テクニシャンの工藤も獲得。
さらには、韓国代表クラスを一本釣り。

3バックはなかなか落ち着かず、
セレッソやら京都やらで見たことがある
顔が濃い目のディフェンスを獲得し、様変わり。

もはや、積み重ねとか言ってる場合じゃなく、
J1に是が非でもしがみついてやるという気迫。

昇格できれば良いのかもしれないけど、
後先を視野に入れない強化は、コケたときに大変よ。

2010年のうちがちらりと重なるよ。

まあ、お金があるのは良いことだ。
金は天下の回り物。 金使ってくださいな。







松本のスタメンは、選手入れ替わりすぎて、
ギクシャクして、結局はロングボールかい!
ってな、展開になってくれることを祈ります。
バイーア跳ね返してからの、セカンド拾ってカウンターで。

湘南はこの試合、しっかりものにしたい。


2013年の甲府戦を思い出す。
「この試合に勝てば、流れが変わる」
そう思っていた。
結果は、まあ、あれだけど。


これから中位以上を狙うチームになるのであれば、
ここできっちり勝たなければいけない。
松本に勝ち、
「僕らの目標は残留じゃなくて、もっと上」
と、示す何よりの形にしてほしい。


今の湘南ならできるはず。
後押しを、しっかりしていきたい。






川崎戦の「おれたちの湘南」が最高によかった。
歌いながら泣いた。
あの歌が必要にならないような、
チリチリしないような展開が理想だけど。

チョウさんはまあ、しないだろうけど、
ソリさん意識しすぎて時々やる「いつもと違ったこと」を
やらずに、ブレずにぶつかってくだされ。



名古屋、柏、川崎 相手にホーム3連勝中。

「負ける気がしねえ」ホームの雰囲気、このまま継続で。

















20150820








世の中の夏休みを横目にテキパキと。
お盆休みのガラガラした道路が好きだ。
年末のガランとした道路と同じくらい。



休みな雰囲気が、人をのんびりさせるのか。
殺伐さが無いというか。
そんな中で仕事をするのは、嫌じゃない。


昇進してから数ヶ月。
一応偉くなったんだなーと。
自分の仕事をやっぱりフットボールにたとえ、振り返る。



前線には必要な時に飛び出す。
とはいえ、若手の良さを活かすプレーも意識。
リスクマネージメント、守備もしっかりする。
前に出る機会が少なくなる寂しさはある。
それでも、ゲームを作る楽しさに目を向ける。
やりたくないなあ、と思う守備の時間も長い。
スカウティングもしっかりするけど、
伝え方がまだまだだ。

伝えるって難しい。


いつまで経っても、面白い。

と、思えるのは良いことだ。

連続勤務はほどほどにして、
今年は夏休みしっかりとりますぞ。

メリハリ。











Shimizu-Shonan








あっという間に8月。
ついついサボり気味。

航の活躍に目を細めつつ、
目の前のひとつ、ひとつにやっぱり勝ちたい。









清水。
前回対戦では、大勝したものの
前半は危ないシーンが多かった。

サイドのデュークに蹴っ飛ばし、
折り返しをガツガツ狙うみたいな。
もしくは、ウタカ行ってこい、と。

前半をしのぎ、息切れと、
どうみてもバラバラなディフェンスラインを
尻目に4ゴールの快勝だった。








J2優勝を目指していたのに、J3降格圏内に陥り、
気付いたら1人J1昇格をしたものの、
J2降格圏内にいるという、田坂。

予想スタメンでは、
テセ、ウタカ、デューク、白崎、
ヨンアピン、ヤコヴィッチ、角田、
嫌な記憶の犬飼に、中澤に競り勝つ大前。

もう、蹴っ飛ばして来る気マンマンで、やだ。

デカモリシと高松で勘弁してもらいたい。


バレーボールみたいって、
赤い監督二、ディスられるぞ。






さて湘南は柏戦をベースにするのか。

石川のバランスの良いポジショニングや、
攻撃力はすごく魅力。
でも高さがね。

俊介を前に置くかボランチか。
前回の対戦のように、キレキレ大竹が
大柄な選手たちを翻弄するか。
楽しみにしてよう。

大槻、薫のハードワークから、
モタつくディフェンス陣からボールを奪いゴール。

あ、見えたね。






さて、航はお休みか、はたまたシマの登場か。
ジョンピルはちょっと怖い。
ツボさん準備どうかしらね。

シマのセンターバックなのに、
常にシュートを狙ってる姿勢が好き。

湘南乃虎、虎視眈々。
いや、バレバレだけど、良いのだ。






夏休みにホームの試合が1日って、どうなってんの。
まったくもう。

とりあえず、勝ち点みやげに戻ってこーい。














Shonan-Kofu







ライバルってわけじゃないけど。
絶対に負けたくない相手。
甲府戦。








思い出す2013年。
記憶が正しければ、
大竹のスルーパスから
高山薫がキーパーと1対1
シュートは力なく枠の外へ。

粘り強く守られ、
キレイなミドルシュートで
敗れたAの試合。

悪い流れを断ち切りたかったあの試合。

勝ちきれず、結果として降格となった。
悔し涙を流してた、と聞いている。

まあ、あっさり次の年移籍をしたけど、
キリッとして帰って来た君のゴールを
僕らは待っている。

あの日を乗り越えたい。








甲府は、割り切り籠城システムが
復活したようで。

マルキーニョスパラナもしれっと
戻ってきていることが、なんかウケる。

おっさんたちに守らせておき、
下田、伊藤、稲垣と若手が躍動中。

怖いのは、阿部阿部の左サイドだ。
サイドの攻防は、キーになる。









名古屋戦で見せたキレまくる大竹
マジでヤバいミドルを備える大槻
調子を上げている二人の藤田
夏でも走れるのは、去年証明済み
と、前向きな要素ばかり。

それそろ俊介のミドルが
突き刺さるところをみたい、なあ。









今日の天気はどうだろう?
年に1回はホームの試合にいけないんだど。
まさか今日になるとは…

大丈夫!
薫と大介、そして俊介がやってくれる。
そんな気がする。
そうなってほしい。
いや、そうなるね。

イッツオールライト。








Shonan---





記憶をたどりながら…

スカパー!
そう、スカパー。
わかっているんだけど、
なかなか踏み切れない。


脳みそのトレーニングを兼ねて
思い出す。

その日のうちに書けばいいんだけど…








kobe


マルキ、足痛いなら無理するなよ…
ふわりとボランチとCBの間で受けて
コントロールショット。
うまかった。
前半でしっかりPKで追いつきドロー。
この頃からチームのバランスが
良くなって来たと思う。


matsumoto


ミスして、相手もミスして、ほっ。
なんかね、J2っぽい。

やられる気がしない展開も
ひとつのミスで流れが変わる。

えいじろーミドルと、
山田直樹ミドルで快勝。
誰が出ても、クオリティが
極端に落ちなくなっている姿を見て
また成長を感じた試合。



shimizu


長澤でけえ。
デュークでけえ。
そこに当てて、競り合い
王様大前、ウタカ、石毛ゴリゴリ。

このチーム、なんで下位なのか…。

高さと個人技の圧力を
秋元のスーパーセーブと
オトナなサッカーで耐える。

後半、へぱった清水にゴールラッシュ。
大介のシュート。
ごめん、外れると思っていた。
永木のフリーキック
ごめん、ふかすと思っていた。
薫の2ゴール
落ち着いて決められるじゃん!

チームも個人も成長しているんだなあと
ひしひしと感じるゲームだった。




hiroshima


耐える時間、らしさを出す時間。
2013年何もできなかった広島相手に
互角のゲーム展開。
バイーアの落ち着き払った
跳ね返しっぷり惚れ直したゲーム。

次は、勝つ。


東京戦

そして、東京。
「戦術武藤」にも落ち着いて対応。
大竹山田岡田の新たな可能性や
永木不在の中盤でもやれることを示した。
ゴールは決まらなかったけど楽しかった。





やっぱりJ1楽しい!
てか、フットボール楽しい。
すぐ倒れたり、審判に文句ばっかり
言うチームは好きじゃないけど。


チームに負けないように
スタジアムを盛り上げたい。

今年まだ呼んでない会社の仲間呼ばなきゃ。

次のホームが待ち遠しい。

やっぱりスカパーかしらね。











Shonan-Hiroshima








2013年。

いやー広島マジ強い。
って、思った。

一人一人の技術の差
いなされて、繋がれて
あら、気づけばやられた。

ふわふわしている高萩を
捕まえられず、華麗なパスワークから
失点。あれ、触れなかったかなあ。

そして衝撃だったのが、
薫がミキッチにあっさり裏を取られ
失点につながる。
最終的には、アベノブ血みどろ。



2015年。

人は、
チームは、成長する。

それを証明したい。

求め続けた「らしさ」
湘南スタイルで、広島に勝とう。

スタジアムをポジティブな雰囲気にして
選手を後押ししたい。

シーーンってなる時間、なくしたい。


俺たちの湘南、古い方歌いたい。


そして、踊りたい。













20150516








疲れた

何に疲れているか考えてみよう


腹が立つ

ガマンし過ぎない


こんなの無理

これを乗り越えれば、レベルアップ


負けたくない

志を思い返す。最終的に勝つのだ


嬉しい

思いっきり、よろこぶ。素直に。


身だしなみ

らしさと、キリリの使い分け。


健康

第一


ベルマーレ

何があっても、支えて。支えられる。


家族

いつも、笑って。すぐ、そこ。





元気があれば、何でも出来る。

今日も、これからも、いまからここから。






<<back|<1234567>|next>>
pagetop