October 2017  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

Shonan-Kofu







ライバルってわけじゃないけど。
絶対に負けたくない相手。
甲府戦。








思い出す2013年。
記憶が正しければ、
大竹のスルーパスから
高山薫がキーパーと1対1
シュートは力なく枠の外へ。

粘り強く守られ、
キレイなミドルシュートで
敗れたAの試合。

悪い流れを断ち切りたかったあの試合。

勝ちきれず、結果として降格となった。
悔し涙を流してた、と聞いている。

まあ、あっさり次の年移籍をしたけど、
キリッとして帰って来た君のゴールを
僕らは待っている。

あの日を乗り越えたい。








甲府は、割り切り籠城システムが
復活したようで。

マルキーニョスパラナもしれっと
戻ってきていることが、なんかウケる。

おっさんたちに守らせておき、
下田、伊藤、稲垣と若手が躍動中。

怖いのは、阿部阿部の左サイドだ。
サイドの攻防は、キーになる。









名古屋戦で見せたキレまくる大竹
マジでヤバいミドルを備える大槻
調子を上げている二人の藤田
夏でも走れるのは、去年証明済み
と、前向きな要素ばかり。

それそろ俊介のミドルが
突き刺さるところをみたい、なあ。









今日の天気はどうだろう?
年に1回はホームの試合にいけないんだど。
まさか今日になるとは…

大丈夫!
薫と大介、そして俊介がやってくれる。
そんな気がする。
そうなってほしい。
いや、そうなるね。

イッツオールライト。








Shonan---





記憶をたどりながら…

スカパー!
そう、スカパー。
わかっているんだけど、
なかなか踏み切れない。


脳みそのトレーニングを兼ねて
思い出す。

その日のうちに書けばいいんだけど…








kobe


マルキ、足痛いなら無理するなよ…
ふわりとボランチとCBの間で受けて
コントロールショット。
うまかった。
前半でしっかりPKで追いつきドロー。
この頃からチームのバランスが
良くなって来たと思う。


matsumoto


ミスして、相手もミスして、ほっ。
なんかね、J2っぽい。

やられる気がしない展開も
ひとつのミスで流れが変わる。

えいじろーミドルと、
山田直樹ミドルで快勝。
誰が出ても、クオリティが
極端に落ちなくなっている姿を見て
また成長を感じた試合。



shimizu


長澤でけえ。
デュークでけえ。
そこに当てて、競り合い
王様大前、ウタカ、石毛ゴリゴリ。

このチーム、なんで下位なのか…。

高さと個人技の圧力を
秋元のスーパーセーブと
オトナなサッカーで耐える。

後半、へぱった清水にゴールラッシュ。
大介のシュート。
ごめん、外れると思っていた。
永木のフリーキック
ごめん、ふかすと思っていた。
薫の2ゴール
落ち着いて決められるじゃん!

チームも個人も成長しているんだなあと
ひしひしと感じるゲームだった。




hiroshima


耐える時間、らしさを出す時間。
2013年何もできなかった広島相手に
互角のゲーム展開。
バイーアの落ち着き払った
跳ね返しっぷり惚れ直したゲーム。

次は、勝つ。


東京戦

そして、東京。
「戦術武藤」にも落ち着いて対応。
大竹山田岡田の新たな可能性や
永木不在の中盤でもやれることを示した。
ゴールは決まらなかったけど楽しかった。





やっぱりJ1楽しい!
てか、フットボール楽しい。
すぐ倒れたり、審判に文句ばっかり
言うチームは好きじゃないけど。


チームに負けないように
スタジアムを盛り上げたい。

今年まだ呼んでない会社の仲間呼ばなきゃ。

次のホームが待ち遠しい。

やっぱりスカパーかしらね。











Shonan-Hiroshima








2013年。

いやー広島マジ強い。
って、思った。

一人一人の技術の差
いなされて、繋がれて
あら、気づけばやられた。

ふわふわしている高萩を
捕まえられず、華麗なパスワークから
失点。あれ、触れなかったかなあ。

そして衝撃だったのが、
薫がミキッチにあっさり裏を取られ
失点につながる。
最終的には、アベノブ血みどろ。



2015年。

人は、
チームは、成長する。

それを証明したい。

求め続けた「らしさ」
湘南スタイルで、広島に勝とう。

スタジアムをポジティブな雰囲気にして
選手を後押ししたい。

シーーンってなる時間、なくしたい。


俺たちの湘南、古い方歌いたい。


そして、踊りたい。













20150516








疲れた

何に疲れているか考えてみよう


腹が立つ

ガマンし過ぎない


こんなの無理

これを乗り越えれば、レベルアップ


負けたくない

志を思い返す。最終的に勝つのだ


嬉しい

思いっきり、よろこぶ。素直に。


身だしなみ

らしさと、キリリの使い分け。


健康

第一


ベルマーレ

何があっても、支えて。支えられる。


家族

いつも、笑って。すぐ、そこ。





元気があれば、何でも出来る。

今日も、これからも、いまからここから。






Shonan-Kobe






久しぶり、神戸。
5年ぶりか。

5年前は、都倉とか
茂木ってなイメージ。

神戸サポさんと
意気投合したのも5年前か。

お久しぶりね、負けないよ。







お金持ち。
カズマにマルキ、怖い!
顔の濃い石津、福岡恋しくないの?
クギョンと仲良し、ウヨンFK怖い思い出。
やんちゃ感ハンパないヴェルディユース
(大卒は除く)らしい、高橋。
なんだかんだタレント揃いの神戸さん。





まあ、相手はどこであろうと
「らしく」闘ってほしい。

ホームでは、「負ける気がしない」
という、雰囲気を僕らが作って、
若い選手たちを、良い意味で
「調子に乗って」もらいたい。

最初からラピュタ、いきましょう。







ポジションいじるといいことないからね。
大介は、左で。右はセイヤか。
セイヤの抜き切らないクロスから、
アリソンか大槻が飛び込むって、シンプルに。

大槻なら、身体のどこかに当ててでも
決めてくれるはず、だ。

そろそろ大介のミドルが炸裂してもいい頃。

とりあえず、ポジティブなイメージで。







明日はお久しぶりのHAN−KUNさん来るのね。
正直、おじさんどうやってレスポンスすれば
良いのかわからないのよ。

当たり前だよ、レゲエ好き!!




連休最後!
って、連休じゃなかったけど。

明日は、早めに平塚ぷらりして、
池のあたりで、だらりして、
歌って踊って帰るね。


じゃあ、池の前でビールもって集合ね。
















Shonan4-2Tosu





いい天気。
身体は少し重かったけど、
らしく戦って、勝ち点3








2014年。
優勝が決まって「ほわっ」と
した雰囲気があったと思う。
締まらない、と言ったところか。
若さ爆発、イケイケドンドンが
湘南の良いところで、一度躓くと
なかなか修正が…って、印象を持ってた。

いつか触れたけど、
やっぱりベテランが必要だと。
チームをピリッとさせる、
プレーで引っ張る、プロとしての姿勢を
ピッチ内外で示してくれる。
そんな選手が必要だと思っている。

満を持して、ツボさん登場。







まあ、お久しぶりです鳥栖さん。
わかりやすいですなー
ボンボン蹴っ飛ばせー
サイドからクロスー
こぼれ球拾うぜーガツガツ

ただ、今日は水沼いた?
キムミヌいた?
サイドバックって上がっちゃいけないの?
てな展開。

藤田と豊田でゴリゴリと。

あれ?谷口いたのね。
身体能力相変わらず持て余してる。

ロングスローからゴールって
なんだかなあ。


ああ、
豊田の身体は丸太のようだったなあ、でかい。








カオルが諦めず走り抜け、
大介はどんどん相手に仕掛ける
今日のセイヤは頼もしかった。
「抜き切らないで上げるクロス」を
しっかり見させてもらった。
あのクロス、かなり好き。

らしいプレーがたくさん見れた。

永木は、ボールをうまく刈り取るも
その後のパスの精度が高ければ、
代表も見てくるんじゃないだろうか。

大竹は前節不出場のうっ憤を晴らすように
力強いキープと、スルスル抜けていく
ドリブル、そして虚をつくラストパス。
4点目の起点になったパスと
何気にペナルティエリアに良く侵入する
シュンの飛び出しも良かった。







持ち前のスピードと相手との駆け引きで
バイア不在を感じさせなかったツボさん。

真ん中ももちろんいける航。
シンプルかつファイターなジョンピル。
元FWは伊達じゃない!シマの2ゴール。

選手が変わってもチーム力は落ちず、
むしろ、また違ったカラーが生まれた3バック。

連戦ゴールデンウィークはどの組み合わせになるか
楽しみにしちゃおう。






連敗で、「らしさ」に疑心暗鬼になっても
仕方ない状況から、会心の勝利。

継続は力だ。
やり続けてナンボ。

良い1週間にしたいもんですな。


次のホームも良い天気でよろしくー



















20150426





4月ももうおしまい。

ゴールデンな週間なのね。

3連休以上すると、
もう仕事いきたくなーい
って、ならない?

まあ、うらやましいのは
間違いない。






2連休もめずらしいワタクシ。
横浜にはいけなかった。

近所のおじさんが、
「昨日はイライラしたよ。」
と、めずらしく。
結果より、闘う姿勢に目を向ける
あの人がお怒り、と。
ツイッターのみんなの怒り具合とリンク。

「年1のやっちまった試合」
と、あとで笑って言えるように
信じてサポートをするのだ。

やっぱり、地味にあのフランス人と
ブラジル人すげえな。







この連休は、父のバースデーと
なぜか家族が事故に巻き込まれるという
慌ただしい連休。
「ブレーキとアクセルを間違える」
そんな馬鹿な!
は、結構茶飯事になりつつある。

だって、高齢化社会だもの。
自動で止まるだけじゃダメだよ車。
次のニーズは、もう、わかってるよね。

世の中便利になることは良いことだ。
「どんな人にとっても」便利である必要がある。
手に負えないものも、多いんじゃないの。







連休は結構オフラインで過ごす。

スマホばっかり見てる人がいて、
それを見ていると、なんだかなあって。

こいつからスマホ取り上げたら
発狂するんだろうなあ、ってほど持ってる。

下を向いている間に、
大切なものが目の前を通り過ぎていることに
気づいたほうが良い。

「世の中誰も自分をわかってくれない。」
そういって、画面につぶやいてる。

下を見ているその姿は、
「自分のことわかってくれなくてもいい」
と、周りに伝えてしまっている。

永遠に、分かり合えるわけがない。
下を向いているうちは。


そんな逃げ場は、ない方が良い。

逃げちゃだめだって、
弱気な中学生だって勇気を振り絞る。





仕事のうっ憤がたまっているのだ。
こういう日は。

連休は、まあ、連休じゃないけど。
とりあえずホームの試合の日には休んだから。

こんな時だからこそ、僕らの出番。
2014年から見始めた人は、辛いだろうなあ。

昔からみているおっさん的には、
まあ、何だ。 慣れているからね。


もうちょっとがんばって、では、水曜日に。
















Shonan0-2Osaka








ホーム2週連続。
うれしいね。
いい天気で人もたくさん。

とりあえずゴールが見たい。

今日も8ゲートから。
病み上がりだけど。










東京戦に引き続き、
繋いで仕掛けて追い越して
と、らしい攻撃は出来ている。

あと1歩。
肝心のバイタルエリアあたりから
ミスなり、判断の遅さが目立つ。

思い切って打っちゃえ!
と、素人は思うけど、
きっと打てないディフェンスを
うまくされているんだろう。

大外からのセイヤのボレーは
一本でも枠に行っていれば…







J1の上位チームは
やはりミスが少ない。
どの選手も1対1が強い
(守備面で特に)
フィジカルの差も痛感。

もう一つ、チームとして
攻め方、守り方
いつ行くか、落ち着かせるか
と言ったゲームの流れを
読む力をチームが共有できている。

それにプラスして、
代表に選ばれるような、
スペシャルな能力を持った選手もいる、と。

小さなひとつひとつの差が、
チームとなると、大きな差となり
スコアに現れる。








東口、うまかったなあ。
新潟にいたときも、
「こいつから点を取れる気がしない」
と感じたのを思い出した。

何本か枠内ミドルがあったけど、
(確かに威力はなかったけど)
余裕のキャッチング。
ハイボールも自信を持って処理。

良いキーパーだった。
変に時間稼ぎしなかったし。


大前の亡霊が離れないのか、
後ろをちらっと見る姿は、
ちょっとかわいかった(笑










浦和、東京、大阪。
力の差を感じたゲーム。


でも
「まったく歯が立たない」
とは、思わない。

残り3分の1の精度と集中力
あとは、勇気を持ってやりきること。

相手からボールをかっさらい、
走り、つなぎ、追い越し、なだれ込む

跳ね返されても、
相手に引っかけられても
やり続けよう。


走り続けている、湘南の選手を
僕たちサポーターはちゃんと見ているから。


僕らもブレずにやり続けよう。


おれたちの湘南
今日も闘おう

旧バージョン、歌いたいっす。

















<<back|<12345678>|next>>
pagetop