December 2017  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

Shonan0-1Tokyo







とにかくまあ、
人が多かった。東京のみなさん。

このワイワイガヤガヤ感が、
平塚の日常の一つになりつつある。

ここに住まなきゃ。J1に。



今日も8ゲートからの感想を。






東京のスタメンは予想通り。
武藤に権田、無理するなよ。

4バックにアンカー+インサイドハーフ
というか、ボランチ3枚というか。
真ん中が固く、切り替えが早い。
そもそも、一人一人の足元がうめえ。

スペースたっぷりの前線は、
ゴリゴリドリブラー3名。
武藤はもういいよ。
わかっているよ、イケメン。

河野は右サイドに開いてもらって
ピッチを横断ドリブルまたは
サイドチェンジで太田へ。
わかっているけど、止められない。
非常にいやらしい。


シンプルで、機能的。
(つまんねーとか言っちゃダメ)

1−0で勝つ美学ってのは
わからないでもないんだけど。

好きではない。

負けないサッカー、強かった。







湘南は、らしいプレーが
J1でもコンスタントに出せている。

ただ、ここぞでのミスが多いのが
気になるというか、致命的というか。

奪った後のミスや、攻撃時の
ちょっとしたパスミスでリズムに乗れず。

奪って、走って、追い越して、なだれ込む
まではいいんだけど、その先で残念…的な。

航をシャドーで使わざるを得ない状況は、ねえ。
収まりどころ、ほしいですな。

永木、今日はやけに力んでたかなー。
監督来てたからかな。

それでもブレずにやり続けてほしい。

大介のミドル、そろそろ。



さあ次は、ヤットさんに今ちゃん
藤春、米倉のサイドアタック。
超人パトリックと、宇佐美。

きゃー有名人ばかり。

だからどうした。

さ、そろそろホームで踊るぞ、と。
























Shonan- /Kofu /Sendai










あ、もう4月だった。
めっきりおさぼり。

思い出しながら。







甲府戦。
まったりナビスコカップ。

やや緊張感に欠けるし、
相手もほのぼの甲府。


相手のシャドーが早いなあ
ツボさん、短い距離ならそうそう振り切られない。
ジョンピル、センターバック悪くない。
佐々木、青山いなくなって、やっぱやばくない?


なんて思っているうちに、
ツボさんのゴールで勝利。






仙台戦。

久しぶり!
旧友、仙台。
しかし、梁、富田、菅井、健在。
中原は元気にしてますか?
萬代、中島、関口 あら、どうしてるかしら。

昇格してきた相手から是が非でも
勝ち点3奪ってやるぜ!
な、勢いは感じられず、湘南をリスペクト。
リスペクトし過ぎのドン引きに見えた。

警戒されているのね。
この現実的な戦い方がJ1では必要ね
とは、思うけど、うちはやってほしくない。

ブルーノさんの、リンコンっぷりは、
僕は大好物で。
サイドに流れる、裏を狙うの大好き
長身なのにテクニカル
明らかにハイボールの競り合いしたくなさそう
チーム的には、前線の起点がないのはきついけど…

終了間際のちょこちょこパス回しからの
ペナでの190ある選手とは思えない
ドリブル突破からのシュート。
「それじゃない」感はあるけど、期待して。

前向きなドロー





4月は、東京、大阪、横浜と
大都市そしてお金持ちチームとの対戦。
その後、ハードワーク対決となりそうな鳥栖戦。

チリチリした戦いが続く。
心臓にわるいけど、すっごくたのしい。

3月のうっ憤(個人的な)
パッと晴らそうっと。


早くお外でビール飲みたいのである。







Shonan1-3Urawa








2015年はJ1。
期待と不安、やっぱり期待。
湘南スタイルで挑む。









前線からのプレッシング。
大介のカットイン。
ディフェンスラインからのビルドアップ。
三竿がサイドを駆け上がりクロス。


去年から引き続き、らしいプレーはJ1でも。
悲観するような力の差はもう無いはず。

ただ、少しのスキルの差、判断の差が、
決定的な差に繋がるのがこのカテゴリー。

ただ、メンタル面で無用にビビることなく、
堂々と渡り合えたことは良かったかな。と。








浦和は、ファウルをもらうのがうまかった。
この流れ嫌だなと思うところで、
ファウルしたり、もらったり。
とりあえず主審に詰めよったり。

勝つために必要なことはきっちりやる。
と言ったところか。

それが、必要なのかもしれないけど、
あんまり好きではないんだよなあ。
だから、ACLで勝てないんじゃない?
って思っちゃう。








去年2位のチーム、お金持ち。
誰が出てもクオリティは高いなあと。

那須が、あの時間帯にあのポジションにいる、
そういった流れを読む力もさすがだな、と。


そんなチームを相手に、やれた部分、やれない部分、両方見えた。

前線3枚の組み合わせは今後変えてくるだろう。
シャドーが結構空気だったし、
大槻はあのサイズでなんとか前線で踏ん張ってたけど、
最前線に起点が作れないと、走るに走れない。

9番の起用も含めて、前線の組み合わせに期待したい。





会長の最初の挨拶は、


今年は勝てない試合もある。
でも、スタイルは崩さないでやり切る。
結果が出ないこともあるかもしれない。
そこで落ち込んだり
疑心暗鬼にならないで、
信じて、前向きなサポートをお願い。


ってな、メッセージなんだよね、


さっそく勝てなかった。
こんな時こそ、前向きなサポートしたいものです。



って、いつだってポジティブにサポートが信条ですから。

さ、はじまったばかり。



俺たちの湘南
今日も戦おう
こんな俺達が
ついているのだから
どんな時でも
何も怖れるな
自分信じ
勝利を掴め!



サポーターも、自分を信じて、湘南を信じて。




























20150305








開幕直言の連続勤務。

とりあえず、
ちからをためておく。


いやー
リフレッシュしたいっす。


BMWスが呼んでいるー









20150303








ひな祭り。

季節を感じるイベント、大切。























20150301





あっという間に3月。
職場のバタバタも、
やってやれないことはない
てな心持ちで、すこぶる順調。
業績はここ数年で1番。

自信をこっそりと掴んでみる。






2014年は、早々に昇格が決まり
サポーターとしての緊張の糸は
早い段階でぷつり。
シーズン終わるのも早かったし、
長い長いオフだった。

仕事に集中しておけよ!
という、思し召しという解釈。

しっかりがんばったよ。






で、
今年はユニフォームを
買えないまま開幕を迎える。
事前に買えるようになってから
初めてっす…

まあ何よりも、雨かよ…と。

冷たい雨だけは勘弁と
思ってたけど、
それになりそうで。

心頭滅却マインドでやりきります。








2015年の湘南。
どんなチームに仕上がっているか
本当に楽しみだ。

薫くんは、どうしても2013年の
ホーム甲府戦のあのプレーが
アタマから離れない。
あのシーンを払しょくさせるプレーを。

大介のカットインから、槙野を翻弄し、
強烈ミドルで西川を破ってほしい。

なぜかアンカーにいる柏木を
強烈プレスに晒してからの
ショートカウンター
The湘南 なプレーでゴールを奪え。



と、ポジティブな妄想、毎日。






さあ、3月。

仕事も遊びも湘南も、きっちり
たのしむのだ。

たのしんでいるよ。
















20150224







復活!

と思ってたけど、
やっぱり不調続き。

スッキリさっぱりしないのは、
目に見えないストレスのせいかしら。


開幕が待ち遠しいー。







20150210






なんとなーく
体調の悪い日々が続いていた。


やっとこさ、復活。

元気だったころの生活と比較して、
よかったころの行動をしてみた。


やっぱりよかったころ を
自分で把握する大切さを実感。


開幕へ向けて、上向き。

早くお外でビール、飲みたいぞっと。


あ、ユニフォーム。

















<<back|<123456789>|next>>
pagetop